ベンジャミン・ルーツ第4章『町へ』第36話から第40話を掲載 -公開中-
第4章第31話から第35話をご覧になる方は左のボタンをクリック
全話タイトルに戻りたい方は左のボタンをクリック
第4章 『秘密の扉』 その2
第4章『秘密の扉』では、『マナ』と『のら』の住むベンジャミンの家に新たな住人が現れます。そしてこの住人は大切な人を探しているようです。新たな住人は一体誰なのでしょう。そして『マナ』と『のら』は無事に済むのでしょうか。・・・どうぞ作品をご覧下さい。
<注意>
本ファイルを閲覧する為にはAdobe社製Acrobat Readerが必要です。
お持ちで無い方はAdobe社Home Pageより無料でダウンロード出来ます。
第36話 恋人『カンナ』
ご覧になる方は左の鈴をクリックして下さい。
File容量は100KB程度です。表示にはアナログ電話回線使用で30秒程度かかります。ISDN/CATV/ADSL/FTTHではより早く表示されます。
<始まりの一節>
するとどこからか、シクシク泣く声が聞こえてきた。『マナ』は「ゾクゾク」と何やら背筋に寒気を感じた。すると『のら』が、「そう言えば、奥の部屋に、もう一つ開かないドアがあるの」と言って、指差した。・・・
第37話 姫再び
ご覧になる方は左の鈴をクリックして下さい。
File容量は100KB程度です。表示にはアナログ電話回線使用で30秒程度かかります。ISDN/CATV/ADSL/FTTHではより早く表示されます
<始まりの一節>
夜が開けてきた。「疲れた。『タンゴ』と『カンナ』、一体何者なんだろう」と『マナ』はポツリと言った。その横で、『のら』はすでに寝ていた。「お友達、お友達、『タンゴ』と『カンナ』・・・『のら』と一緒の居候・・・」。・・・
第38話 姫の目的
ご覧になる方は左の鈴をクリックして下さい。
File容量は100KB程度です。表示にはアナログ電話回線使用で30秒程度かかります。ISDN/CATV/ADSL/FTTHではより早く表示されます
<始まりの一節>
『のら』は奥の台所に行き戻ってきた。そして姫にお茶を出した。姫は「お茶、しけた家ね」と言いながら、そのお茶を飲んだ。姫の顔色が変わった。「随分と美味しいじゃない。・・・
第39話 指輪
ご覧になる方は左の鈴をクリックして下さい。
File容量は100KB程度です。表示にはアナログ電話回線使用で30秒程度かかります。ISDN/CATV/ADSL/FTTHではより早く表示されます
<始まりの一節>
「本当にこの子は礼儀を知らない子ね。お退きなさい」と言って、姫は自分の上に乗っている『のら』を突き飛ばした。「ちょっと面白そうな指輪ね。もう少し調べたいわ。私に頂ける」と言った。・・・
第40話 暗い部屋
ご覧になる方は左の鈴をクリックして下さい。
File容量は100KB程度です。表示にはアナログ電話回線使用で30秒程度かかります。ISDN/CATV/ADSL/FTTHではより早く表示されます
<始まりの一節>
「本当にしつこい子ね。分かったわ。返すわよ。先に私の指輪を返して」と姫は言った。『のら』は息を切らせながら、開いた窓ガラスの隙間から、車の中の姫に手渡した。・・・
第4章第31話から第35話をご覧になる方はをクリック
全話タイトルに戻りたい方はをクリック